一年前から腰痛がつらくなってきて、整形外科に通っています。もともと頸椎ヘルニアがあるので、定期的に見てもらってはいたのですが、首の調子が悪くて首をかばう姿勢をとると腰が痛くなる、腰が痛くなって、腰をかばうと首の調子が悪くなる、という悪循環になっていたのです。
そこで「腰も痛いのですが・・・」と医師に話したところ、正しい姿勢のアドバイスを理学療法士から受けたほうがいいのでは、ということになりました。理学療法士の先生はまず私の座った姿勢と歩く姿勢をしげしげと観察。つぎに鏡に映してそれを見せて、どこがおかしいのか教えてくれました。なんでも、猫背なのだけれど、首をかばうため、猫背をやめようとして背筋を伸ばすと今度は腰がそってしまう、という状態なのだそうです。鏡で見ても、自分ではよくわからなかったのですが、正しい姿勢が取れるようにトレーニングをすることに。
まず、タオルの端から10センチくらいずつ残して両手で持ってぴんと張って、それを上に持ち上げて頭の後ろに回し、ひじを曲げて肩甲骨がそるようにする。そこで一番端に持ち替えて肘をグルンと回して腕を下に降ろす。そこからまたグルンと上に持ち上げて前に降ろす、という動作をします。この時、正しい姿勢になっているのだそうです。この姿勢を覚えてくださいね。と言われました。この動作を毎日練習していくうちに、なんとなくコツがわかるように。
また、正しい姿勢のためにはそれを保持する筋肉が必要なので、筋トレを教えてもらい(特に腹筋が必要なのだけれど、普通の腹筋をやると腰を痛めてしまいますよね。だから腰を痛めない腹筋を教わりました)、またストレッチで体をほぐす方法も練習しました。あと、不思議だったのはなんどか通って指導してもらうたびに、筋肉をそーっと触って正しい位置に戻す?かのような治療をしてくれました。痛くも気持ちよくもないのですが、だんだんと腰が異常にこわばっていたのが治ってきて、首も腰もとっても楽になってきたのです。
お医者さんは筋肉の緊張を取る薬やビタミン剤を処方してくれて、腰の牽引とか電気治療とかもしてくれて、それはそれで効果があったのですが、根本的に治すにはやっぱり姿勢とか筋肉とか、自分で自分の身体をきちんとケアすることが大事なのだなあと感じました。でも、それを自分で何とかするのはとても難しい・・・こじれてしまったときには理学療法士さんは頼りになるのだなあと感じています。
今日の診察では腰の治療はとりあえず一段落ですね、ということで、薬はやめることになりました。うれしいです。