買ったはいいけど、処分に困るものの一つにマットレスを挙げようと思う人って結構多いのではないのでしょうか。私が今の主人と出会ったとき、主人は独身だったのにも関わらず、すでに家&土地を持っていました。親から相続したわけではなく、自分でローンで購入していたのです。そのため、私は主人と出会ったことをきっかけに、自分の契約していたマンションを引き払って主人の持ち家に引っ越して同棲、やがて結婚したのですが気になることが一つ。それはマットレス。新婚うふふな時期、私は結婚する人と不動産屋を回って新しい物件をさがしたり、家具屋さんなどをまわって二人の気に入った家具などを探すのでは、と思っていたのですが私の場合は主人の持っている家と家具をそのまま引き継いで使用するしか選択肢がなかったのです。もちろん全部捨てて、新しいものを買いなおしても良いのですが、家と土地のローンがありましたので節約しなければなりませんし。私は特に家具の趣味などにこだわりがあるわけではないため、別にそれはそれで構わないのですが、マットレスはちょっと気持ちが悪いような気がしました。なぜならば、主人は私と出会う前に何人もの彼女がいて、その人たちとそのマットレスの上で寝ていたからです。それを想像すると、ちょっと気持ち悪くなったりするのって私だけでしょうか?ベッドまで捨ててとは言わないですが、マットレスだけは結婚するなら交換してほしいな、と主人に控えめに伝えてはみたのですが、ローンもあるし、すごくいいマットレスなんだよ。ふわふわで眠りやすいでしょ。高かったんだよ。マットレスは大きくて重たいから交換が大変でしょう?と丸め込まれ、結局マットレスの交換はなりませんでした。自分のお金で新しいマットレスを買って、勝手に交換してしまいたい、なんて欲望がむくむくと頭をもたげてくることもあったのですが、よく考えるとマットレスってどうやってすてるの?粗大ごみ?自力で捨てにいくこともできないし、取りに来てもらうしかないですよね。新しいものを買おうにも、車がないととても買えないし、いちいち配送してもらうのも面倒くさいし、、と結局諦めて古いマットレスを使うことにしました。結婚したら新しいマットレスを使用したいと思うのが、自分だけなのか女性全般そうなのか、それとも男性もそう思ったりするのかは、ちょっと興味があります。まあ、そのうち慣れてしまえばどうでもよくなってきてしまうことは身をもって知りましたけど。